外壁塗装・屋根塗装|鶴ヶ島市、川越市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理なら【トーショー株式会社】

実績

電話お問い合わせ365日受付中!

049-236-3282

営業時間
8:30〜18:30 日・月曜定休

外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装・屋根塗装

塗装の様子

外壁塗装、屋根塗装は、どのお店で施工しても塗った直後はきれいです。しかし、3年、5年と時間が経過すると、やはり差が出てくるため塗装工事は信用商売とよく言われます。
当店では、塗装したら見えなくなる下地処理にも一切の妥協をせず、どこよりも美しく、長持ちする塗装工事にこだわっています。
その技術力を認められ、塗料メーカー各社の認定店として様々な塗料も取り扱いしています。また、日本ペイントや、関西ペイントなど各社の塗料も対応しております!

オススメプラン

価格は税込表示です。

塗装へのこだわり

仕上がりと耐久性に自信あり! 一切妥協無しの塗装工事!

長持ちする塗装のポイント

外壁塗装は
下地処理が重要!

ひび割れ補修の様子

外壁塗装は、吹付塗装の場合を除き、手塗りで三度塗りを基本としています。(屋根は状況によっては4度塗り)また、下地処理と塗装の塗膜厚にもとことんこだわっています。
塗装工事をするの本来の目的は家の防水機能を維持することです。そのため、塗装前の下地処理として、ひび割れやサイディングの浮きなどの劣化は、補修してからの塗装となります。
鉄部はケレン、木部はあく抜きなどを行い、耐久性にこだわると、この下地処理が大切になるのです。

ひび割れの補修

ひび割れの補修

ひび割れにシーリング材などを充填してひびを埋めていきます。ヘアークラックなどの細かいひび割れは、塗装で重ね塗りしてカバーしていきます。

鉄部のケレン

鉄部のケレン

ケレンは、サビや汚れ、既存塗膜をはがして、塗料の接着がよくなるよう、表面を荒くする作業で、この処理によって、塗膜の耐久性が大きく変わります。

タスペーサー

タスペーサー

スレート屋根の塗装の際には、このタスペーサーを使用します。これにより、屋根材同士の接着を防ぎ、雨漏りリスクを回避することができるのです。

シーリングにもこだわります!

驚異の30年耐久
オートンイクシード

驚異の30年耐久『オートンイクシード』

外壁塗装の際に、必ずついてくるのがこのシーリング(コーキング)工事。シーリングは、外壁材の隙間を埋めるパテのようなもので、家の防水機能を保持するのに非常に重要な役割を果たします。
通常、シーリングは10年程度で痩せたり、硬くなったりして剥がれ落ちることもあります。そうなると、家の防水機能は著しく低下し、雨漏りの原因となります。

だからこそ、当社ではシーリングにもこだわっています。30年耐久のオートンイクシードを使用し、雨漏りに強い塗装工事にこだわっています。
塗料ばかりにこだわっていませんか?シーリングも非常に重要なのです!

ここまでやってこその塗料選び

塗膜の耐久性を決める
塗膜厚!

耐久性を決める塗膜厚!

外壁塗装において、塗膜厚は非常に重要です。実際に、同じ塗料でも、塗膜厚を十分に確保していなければ、カタログ通りの性能を発揮することはできませんし、耐久性も規定よりも劣ります。
塗膜厚を十分に出すには、まず下塗り。下塗りでたっぷりと塗装し、十分乾燥させてから、中塗り、上塗りと重ねていきます。十分な塗膜厚を出すために、特に下塗りは、ケチらずきっちり塗り込んでいくことが重要なのです。

ここまでやってこその塗料選び

外壁塗装を検討される際、塗料を気にされる方は非常に多いです。しかし、「塗る」以外の工程がいかに重要かお分かりいただけましたか?
ここまでやってこそ、初めて塗料の性能が十分に発揮されるというもの。見積もりを取られるなら、当社の話もじっくり聞いてみてください。ほかの塗装屋さんとの違いをきっとお感じ頂けることと思います。

塗装の前には・・・

カラーシミュレーション!

カラーシミュレーション

外壁塗装や屋根塗装で、現状の色から大きく変えるときは、カラーシミュレーションがおススメです!
家のお写真1枚あれば、様々なカラーバリエーションを事前に見られますので、「思い切って色を変えたが、思ってたのと違う…」なんてことも起きません。
せっかくの塗装工事、色替えをするのであれば、カラーシミュレーションは必須です。当社では、ご希望の色、ご提案の色をカラーシミュレーションで事前にご提示できます。お気軽にご相談ください!

ご存じですか?

塗装できない屋根・外壁もあります

ちょっと待って!塗装できない屋根や外壁

屋根、外壁の材質や状態によっては塗装してはいけない、あるいは塗装しても十分な耐用年数が期待できない場合も多々あります。
当店では、そこも見極めたうえで、塗装以外の工事をご提案することもあります。

お問い合わせ・お見積もりはコチラから

そもそも工事は必要なの?どんな工事が必要なの?いくらくらいかかるの?