草加市の防水工事の流れからちょっとした勉強Ⅰ|鶴ヶ島市、川越市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り修理なら【トーショー株式会社】

実績

電話お問い合わせ365日受付中!

050-7586-6085

営業時間
8:30〜18:30 日・月曜定休

工事ブログ

ウレタン防水

草加市の防水工事の流れからちょっとした勉強Ⅰ

 2018.09.18

現在草加市に屋上防水工事をしているのでちょっと防水についてブログにアップしてみます。

 

まず、防水工事には、いくつか種類があります。この防水の種類の中にそれぞれの特徴を持つ工法があります。
弊社の防水専門職人のお勧め度も掲載しました。
正確な見積りを希望される方は弊社による診断をお勧めいたします

 

 

ウレタン防水

1.ウレタン防水  耐久年数 10~15年程度(5~6年毎にメンテナンスが必要)←トップコート

どの個所でもお勧めです。理由は施工のしやすさ。

 

シート防水

2.シート防水 耐久年数 10年~20年程度(10年以上メンテナンス不要) ただしシートのノリが剥がれて密着しなくなることもあるがそこまでの心配は無用です。 

屋上で多いのがこの防水です(へーベルハウスさんや積水ハウスさんなど)

金額面では高め

 

 

アスファルト防水

3.アスファルト防水・押さえモルタル 耐久年数 15年~20年程度の耐久性 大型マンションやビルなどの建物に広く使われております。

こちらも金額面でシート防水と同じくらい

 

 

FRP防水

4.FRP防水 耐久年数 10~15年程度(5~6年毎にメンテナンスが必要)←トップコート 戸建てのベランダなどに広く使われています。

 

以上がざっくりとした説明です。

 

上記は同じ防水素材でもメーカーによって価格も変わりますし既存の防水の状態や面積によっても価格は変動します。

 

せっかくやるなら良いもの使って費用も出来るだけ抑えて。。。

そんなわがままに応えられるような企業努力頑張ります!

お問い合わせ・お見積もりはコチラから

そもそも工事は必要なの?どんな工事が必要なの?いくらくらいかかるの?